未分類

インターネット回線と携帯電話がセットで安くなっている

数年前にインターネット回線の会社を変えました。
今はドコモ光を使っていますが、その契約を家族がした時に、携帯電話も変えたようです。

ドコモと言えば携帯電話の大手会社ですが、インターネット回線と一緒に契約すると利用料金が安くなるとのことでした。
これは逆に考えると、どちらも解約しにくくなるということかもしれません。

例えば、携帯電話を他の会社のものに変更する場合、ある一定以上に期間を超えないと、違約金を取られたり、インターネット利用料金が高くなったりしてしまいます。

インターネットの利用料金が安くなるには、何らかのからくりがあるのでしょうが、やはり制限があると、場合によってはそれが不都合に感じてしまうこともあります。

現在はパソコンと携帯電話の両方を使っている人も多くいます。
スマホだけならパソコンは必要ない場合もありますが、仕事でパソコンを使う場合は、やはり両方必要になってきます。

なので、抱き合わせで料金が安くなるのは利用者によっても嬉しいことです。
インターネット回線の状況は随時変わっていっています。

その為、今利用しているものよりも便利で安い回線が登場してくるでしょう。
その時に契約の問題で乗り換えができないのは不便だと思います。

今後はこの点も十分に考慮した上で、インターネット回線の契約を考えていきたいです。

サブ的な役割でポケットWiFiを使っています。

ポケットWiFiに関しては良いところとそうでないところが両局面あるなというのが使ってみての印象です。
当然ながら一番のメリットとしては、ネット回線が必要ないので家ではないところでも自由にインターネットを閲覧できるところです。
このメリットだけでも十分に利用する価値はあるかと思います。ただ大きなデメリットの一つとして、場所や時間帯によって回線スピードがとんでもなく遅くなることがあります。
住んでいる場所にもよりますが、私が住んでいる地域では夕方の6時あたりから急激にスピードが重くなります。動画はもちろんですが単にサイトを閲覧することも難しくなるくらい重くなるのも珍しくありません。
朝昼と比較すれば夜はずっと重いです。私は毎日夜の12時に寝ていますが、夕方6時から12時までを考えると、朝昼よりもかなり重さを感じます。仕事で使おうと思ったら正直言って厳しいレベルです。
朝昼だったらまだ使えますが夜は無理です。ポケットWiFiを持ち歩いて感じるのは、場所によっても回線スピードがかなり変わるということです。ポケットWiFiだけでインターネットをしようと思うのはやめたほうがいいかもしれません。
仕事をする上ではやはり光回線など回線工事を行ったほうがいいと思います。サブ的な意味合いで持っている部分には非常にためになるものだと思います。

素人の味方「リモートサポート」

家庭にパソコンはあっても、設定などの操作に詳しくない人もいると思います。
わが家もその口で、普段はネット検索やショッピングなどに利用しますが、パソコンの買い換えや回線乗り換えなどについては戸惑うことがたくさんあります。
新しいパソコンを購入すると、ただ回線につなぐだけでは利用できません。
家電店や加入するプロバイダーでの設定サービスがあれば利用したほうが楽で安心です。
プロバイダー契約をするといろんなサポートが付いています。
その中に「リモートサポート」というものがありますが、パソコンの扱いに慣れていない家庭だとこのサポートはおすすめです。
パソコンや回線、プロバイダーを換えたばかりの時にはユーザー設定やセキュリティー設定などいろいろとやることがあります。
慣れている人にとっては簡単なことですが、素人にはかなり難しく心配もあります。
その時に問い合わせたりするのですが、電話だけで説明されるより、実際にこちらのパソコン画面を操作してもらえるサービスがあるのです。
サポートセンターに電話をしてオペレーターの指示に従って自分のパソコン画面をちょっと操作すると先方がこちらのパソコンをリモート操作できるようになります。
これで「〇〇のキーをクリックして…」というやり取り無しにあちらが作業をしてくれます。
その状況もこちらで見えるので、きちんと設定が進んでいるのが分かります。
契約した会社のサポートにこのリモートサポートがあれば、設定や使い方に慣れるまでは加入しておくと助かります。
その後はサービス項目から外すと利用料も抑えられるので良いと思います。